忍者ブログ
Flex,Java,Html など、調べた事のメモ帳です。 間違ってたらゴメンなさい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

showStatusBar = false;





太陽系時空間地図 地球暦 ギャラクティックキャンドル 縄文電気 デザインオフィス マキクラフト プログラムメモ
Flex4 の spark.components.Label の場合
 <s:Label text="文字間てすと"  trackingLeft="2"/>
Flex3 のmx.controls.Label.Label の場合
 <mx:Label text="文字間てすと"  letterSpacing="2"/>





<!-- Define the view states -->
<s:states>
    <s:State name="Login" />
    <s:State name="Register" />
</s:states>
 
<s:transitions>
    <!-- Define the transition from the base state to the Register state.-->
    <s:Transition id="toRegister" fromState="*" toState="Register">
        <s:Sequence targets="{[loginPanel, registerLink, confirm, loginLink]}">
            <s:RemoveAction />
            <s:Fade />
            <s:SetAction target="{loginPanel}" property="title" />
            <s:SetAction target="{loginButton}" property="label" />
            <s:SetAction target="{loginButton}" property="color" />
            <s:Resize target="{loginPanel}"/>
            <s:AddAction />
            <s:Fade />
        </s:Sequence>
    </s:Transition>
 
    <!-- Define the transition from the Register state to the base state.-->
    <s:Transition id="toDefault" fromState="Register" toState="*">
        <s:Sequence targets="{[loginPanel, registerLink, 
                confirm, loginLink]}">
            <s:RemoveAction/>
            <s:SetAction target="{loginPanel}" property="title"/>
            <s:SetAction  target="{loginButton}" property="label"/>
            <s:SetAction target="{loginButton}" property="color"/>
            <s:Resize target="{loginPanel}"/>
            <s:AddAction/>
        </s:Sequence>
    </s:Transition>
</s:transitions>






ビジーカーソルの設定

Cursor Manager に用意されている次の静的メソッドでビジーカーソルを制御します。
CursorManager.setBusyCursor();
CursorManager.removeBusyCursor();

メソッド

説明

setBusyCursor()

ビジーカーソルを表示します。

removeBusyCursor()

カーソルリストからビジーカーソルを削除します。他のビジーカーソル要求がカーソルリスト内でまだアクティブな場合、つまり setBusyCursor() メソッドを 2 回以上呼び出していた場合には、ビジーカーソルがリストからすべて削除されるまで、ビジーカーソルは消えません。

 





サウンドのロード処理の監視


サウンドファイルが非常に大きくて、ロードに時間がかかることがあります。サウンドが完全にロードされる前に、Flash Player および AIR でアプリケーションからそのサウンドを再生する場合、ロード済みになったサウンドデータの量および既に再生されたサウンドデータの量をユーザーに示すことができます。

Sound クラスは、サウンドのロードの進行状況を比較的簡単に表示できるようにする、ProgressEvent.PROGRESS および Event.COMPLETE という 2 つのイベントを送出します。次の例は、これらのイベントを使用して、サウンドのロードの進行状況に関する情報を表示する方法を示しています。



import flash.events.Event;
import flash.events.ProgressEvent;
import flash.media.Sound;
import flash.net.URLRequest;

var s:Sound = new Sound();
s.addEventListener(ProgressEvent.PROGRESS, onLoadProgress);
s.addEventListener(Event.COMPLETE, onLoadComplete);
s.addEventListener(IOErrorEvent.IO_ERROR, onIOError);

var req:URLRequest = new URLRequest("bigSound.mp3");
s.load(req);

function onLoadProgress(event:ProgressEvent):void
{
    var loadedPct:uint = Math.round(100 * (event.bytesLoaded / event.bytesTotal));
    trace("The sound is " + loadedPct + "% loaded.");
}

function onLoadComplete(event:Event):void
{
    var localSound:Sound = event.target as Sound;
    localSound.play();
}
function onIOError(event:IOErrorEvent)
{
    trace("The sound could not be loaded: " + event.text);
}
 
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
最新CM
最新TB
ブログ内検索
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   プログラムメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]