忍者ブログ
Flex,Java,Html など、調べた事のメモ帳です。 間違ってたらゴメンなさい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

width()を使う

ウィンドウサイズを取得するにはwidth()を活用していきます。以下は500px以下の場合、文字が赤に変わる例です。

jQuery

var w = $(window).width();

$("#jQuerySample").css("display", "none");









まずは、「jquery-tubular」のダウンロードページから最新のjquery.tubular.jsをダウンロードします。

<head>部分にJavaScriptとcssの設定をします。

<link href=”css/screen.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” />
<script type=”text/javascript” charset=”utf-8″ src=”http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/swfobject/2.1/swfobject.js”></script>
<script type=”text/javascript” charset=”utf-8″ src=”http://code.jquery.com/jquery-1.4.3.min.js”></script>
<script type=”text/javascript” charset=”utf-8″ src=”js/jquery.tubular.js”></script>

と設定します。さらに

<script>
$(function(){
$(‘body’).tubular(‘SHRUT_FpMBs‘  //YouTube動画のID
,’backmovie‘);       //表示するためのID
});
</script>

で、YouTube動画のIDと表示する要素IDを指定します。
YouTube動画のIDは、YouTube動画のページから【共有】ボタンをおしたところで確認できます。

ちなみに動作を確認するときは、サーバーにアップして確認します。ローカル環境のなかではYouTubeは実行されないようです。


多数のエフェクトが実装可能でグループ化も出来る
一番おすすめ。

colorbox

デモはこちら
 





ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
最新CM
最新TB
ブログ内検索
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   プログラムメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]