忍者ブログ
Flex,Java,Html など、調べた事のメモ帳です。 間違ってたらゴメンなさい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まず、googleアドセンスからコードをコピーします。

<script type="text/javascript"><!--
google_ad_client = "※※";

google_ad_slot = "※※";
google_ad_width = 160;
google_ad_height = 600;
//--<
</script>
<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

そのあと、メモ帳にコピーしてコードを張り付け最初と最後の( script)(/script>)を 消します。

<!--
google_ad_client = "※※";

google_ad_slot = "※※";
google_ad_width = 160;
google_ad_height = 600;
//->



<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"<
</script<

そして、上記のhttp://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.jsをURLで検索をして、 取得したソースをコピーして、メモ帳に張り付けます。

下記が出来上がりのファイル(main.js)↓

上記のファイルを、自分で契約しているサーバーがございましたら、適当なサーバーにあげて下記のscriptファイルをアメーバブログ(アメブロ)のフリープラグインに張り付ければ完了です。

“<script src=”http://www.**************/main.js”></script>”

ホームページサムネイル画像作成サービス-HeartRails Capture

ホームページのサムネイル画像はHeartRails Captureで簡単に作成することができます。HeartRails Captureに行ったら作成したいサイトのアドレスを入力して「サムネイルを作成ボタン」をクリックするだけでウェブページのサムネイル画像が作成されます。しかもアドレスをつなげるだけでサムネイル画像になりますので画像をダウンロードして使う必要もありません!!

とにかく物凄く便利なサービスです!!

下記のサムネイル画像はHeartRails Captureで作成したYahoo!JAPANのサムネイル画像作成例です。

http://www.yahoo.co.jp/

アップロードできる動画の長さは、デフォルトで 15 分です。15 分より長い動画をアップロードするには、次の操作を行います:

  1. 動画のアップロード ページ、www.youtube.com/my_videos_upload にアクセスします。
  2. ページの下部にある [上限を引き上げる] をクリックします。
  3. 携帯端末を使用して、アカウントを確認するための操作を行います。現時点では、これ以外の方法でアカウントを確認することはできません。

上限を引き上げたら、2 GB を超えるファイルをアップロードできるように、最新バージョンのブラウザを使用していることを確認してください。


 

座標系を変換するには transform 属性を利用する。

transform
 属性の値は、変換定義のリストとして定義される <transform-list> で指定され,各変換はリストに現れる順番に適用される。 個々の変換定義は、空白または(空白混じりの)コンマで区切られる。 変換定義には、次に挙げるものを利用できる:

matrix(<a> <b> <c> <d> <e> <f>)
6個の値で与えられる 変換行列 の形式による変換を指定する。 
matrix(a,b,c,d,e,f) は変換行列 [a b c d e f] を適用することに等しい。
translate(<tx> [<ty>])
txty による 並進 を指定する。 
<ty> が与えられていない場合、 0 とみなされる。
scale(<sx> [<sy>])
sxsy による 伸縮 を指定する。 
<sy> が与えられていない場合は <sx> に等しいものとみなされる。
rotate(<rotate-angle> [<cx> <cy>])
与えられた点を中心とする角度 <rotate-angle> による 回転 を指定する。 
<cx><cy> が与えられていない場合、回転は現在の利用座標系の原点を中心とする。 この場合、変換行列は [cos(a) sin(a) -sin(a) cos(a) 0 0] に等しい。 
もし <cx><cy> が与えられているならば、回転は点 (cxcy) を中心とする。 この変換は次の変換と同値になる: translate(<cx>, <cy>) rotate(<rotate-angle>) translate(-<cx>, -<cy>)
skewX(<skew-angle>)
X 軸に沿う斜傾変換 を指定する。
skewY(<skew-angle>)
Y 軸に沿う斜傾変換 を指定する。

すべての数値は <number> である。

もし変換のリストが与えられた場合、全体としての効果は,各変換が与えられた順番に別々に指定されたときと同じになる。 例えば:

<g transform="translate(-10,-20) scale(2) rotate(45) 
                                     translate(5,10)">
  <!-- グラフィックス要素はここに -->
</g>

インターネット広告や、検索エンジンの検索結果からのリンク先となるウェブページ。広告を見る人にとっては、広告(又は検索結果)をクリックすると最初に表示されるページ。必ずしも自社サイトのトップページである必要はない。

各種インターネット広告や、検索キーワードなど、サイトへの入り口が異なれば、サイトを訪れる人の動機や目的も異なる事が多い。
それぞれの動機や目的に合致したランディングページを用意することで、サイトからの離脱率を抑え、コンバージョン率を高める手法をLPO(Landing PageOptimization=ランディングページ最適化)と呼ぶ。



ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
最新CM
最新TB
ブログ内検索
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   プログラムメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]