忍者ブログ
Flex,Java,Html など、調べた事のメモ帳です。 間違ってたらゴメンなさい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

白黒に変換するために「イメージ」→「色調補正」→「彩度を下げる」を選択するという間違いです。この手順で白黒化すると「生命のない」白黒画像になります。正しくは「イメージ」→「色調補正」→「チャンネルミキサー」を使いましょう。チャンネルミキサーの「モノクロ」にチェックを入れて各チャンネルをスライドすれば、かなり生き生きとした白黒化が可能です。


Winなら「Ctrl」+「I」キーで、
Macなら「コマンド」+「I」キーで反転できます。



画像のレイヤーを選択し、「イメージ / 色調補正 / 色相・彩度」を選択。

「色彩の統一」 にチェックをし、「色相:30 彩度:30 明度:5」にしてOKをクリック。

Photoshopで写真を一瞬でセピア色にする方法


Step1:はじめに

最初に、シャボン玉のエフェクトを作成する画像を決めましょう。
私はこの画像を使用します。

画像を開いて、キャンバスの上に新規レイヤーを作成してください。
そして、楕円形選択ツール楕円形選択ツールで円を作り、白で塗りつぶします。

白い円


 

Step2:選択範囲内を消去する

そして、「選択範囲」-「選択範囲を変更」-「縮小」を使って、
選択範囲を1ピクセル縮小し、「Delete」を押して、選択範囲内を消してください。

選択範囲縮小


 


Step3:境界線を加える

新しいレイヤーを作成し、「編集」-「境界線を描く」で下記のように設定してください。

境界線を描く

今、このような状態です。

結果


 
Step4:ぼかし(ガウス)を加える

「Ctrl」+「D」を押して選択範囲を解除し、
「フィルタ」-「ぼかし」-「ぼかし(ガウス)」を下記のように設定してください。

ぼかし(ガウス)

そして、「Ctrl」+「T」を押し、現在のレイヤーを幅、高さともに約93%に縮小してください。

縮小


 
Step5:白い光の反射を加える

新規レイヤーを作成してください。
そして、ブラシツールブラシツールで約125ピクセルの柔らかいブラシを選択し、シャボン玉の上に2つのぼかした白い光の反射を加えてください。

白い光の反射


 
Step6:選択範囲を作りカラーハーフトーンを加える

楕円形選択ツール楕円形選択ツールを使って、シャボン玉の大きさの選択範囲を作ってください。
そしてグレー(#969696)で塗りつぶしてください。

グレーで塗りつぶす

「フィルタ」-「ピクセレート」-「カラーハーフトーン」を下記のように設定してください。

カラーハーフトーン

今、このような状態です。

結果


 
Step7:球面を加える

「フィルタ」-「変形」-「球面」を適用してください。

球面

「球面」を反映しました。

球面反映


 
Step8:再度、ぼかし(ガウス)を加える

もう一度、「フィルタ」-「ぼかし」-「ぼかし(ガウス)」を下記のように設定してください。

ぼかし(ガウス)

このようになります。

結果


 
Step9:描画モードと不透明度/塗りを変更する

描画モードと不透明度/塗りをいろいろ試してみましょう。私は塗りを20%にした、オーバーレイを試しました。
次に、新規レイヤーを作成し、白から透明になるグラデーションでほんの少しだけ塗りつぶしてください。

オーバーレイとグラデーション


 
Step10:結合したレイヤーにぼかし(ガウス)を加える

「Ctrl」+「D」を押して選択範囲を解除し、すべてのシャボン玉のレイヤーをひとつに結合してください。
そして、結合したレイヤーを「フィルタ」-「ぼかし」-「ぼかし(ガウス)」で少しだけぼかしてください。

ぼかし(ガウス)

描画モードをもう一度オーバーレイにしてください。
「Ctrl」+「T」を使って、好みのサイズにシャボン玉を縮小してください。

シャボン玉を縮小

ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
最新CM
最新TB
ブログ内検索
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   プログラムメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]