忍者ブログ
Flex,Java,Html など、調べた事のメモ帳です。 間違ってたらゴメンなさい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

単純に、「phpinfo()」を発行するだけでPHP情報が出力される。
よって、

<?php
phpinfo();
?>


といったPHPを作成し、サーバーにアップロードして、このPHPにアクセスすると、
そのサーバーのPHP動作環境内容を見ることが出来る。
        // 再生処理
           m_soundChannel = m_soundFactory.play();

           // 音量とパンの設定
           var transform:SoundTransform;
           transform = new SoundTransform();
           transform.pan    = 0.0;         // パンは0が中心(-1.0 ~ 1.0)
           transform.volume = 1.0;         // 1.0でフルボリューム (0.0 ~ 1.0)
           m_soundChannel.soundTransform = transform;

MXML にはFlexが生成したSWFファイルに画像(GIF、JPEG)やSWFファイルを埋め込む機能が提供されています。このテクニカルノートでは、Flexが生成したSWFファイルに画像やSWFファイルを埋め込む方法について紹介します。

MXML Image タグ (<mx:Image>) の source 属性 は2つの形式の入力を受け入れることができます。相対URLまたは埋め込み画像です。画像はそのタイプによっては Flash 7 プレーヤーが直接表示できないものもある(GIF、PNG、SVGなど)ので、コンパイル時にFlashムービーに埋め込まれなければなりません。

画像を埋め込むには、source 属性で"@Embed('...')"コマンドを使用します。FlexがアプリケーションのSWFを作成すると、コンパイル時に生成されたSWFファイルに参照画像がパッケージされます。この形式での source プロパティの値はGIF、JPEG、SVGおよびSWFファイルをサポートしています。生成されたSWFへの画像のパッケージ化はコンパイル時に発生するため、データバインディングを使用して画像ファイルを指定することができません。データバインディングはランタイム時の処理です。

以下の例では、<mx:Image> タグでの @Embed の使用方法を示しています:

<mx:Image source="@Embed('./image.gif')"/>

<mx:Image source="@Embed('./movie.swf')"/>

 
mxml ソースにボタンがあり、クリックでロジック実行するための雛形

ボタンをクリックでラベルテキストを変更の例

サンプルは、パッケージ sample.logic.hellotest に、HelloButton.as を用意する。
IMXMLObject をインターフェースに持つようにクラスを作る。

-------------- HelloButton.as ----------------
package sample.logic
{
   import mx.core.IMXMLObject;
   import spark.components.Label;

   public class HelloButton implements IMXMLObject{
      private var view:HelloFx;
      
      public function HelloButton(){
      }
      public function initialized(document:Object, id:String):void{
      }
      public function buttonClickHandler(label:Label):void{
         label.text = "Test!!";
      }
   }
}

----------------------------------------------
ビューとしての mxml は、以下のように記述する。
  (デスクトップアプリとして作ったmxml)
xmlns で、作成した as のパッケージ配下を名前空間として宣言し
Declarations タグで作成したクラス宣言をして、Button の click 属性で呼び出す

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:WindowedApplication xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009" 
                       xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark" 
                       xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx" 
                       xmlns:hellotest="sample.logic.hellotest.*">
<fx:Declarations>
   <hellotest:HelloButton id="hello"/>
</fx:Declarations>


<s:Button id="hellobutton" x="60" y="15" label="Hello" 
          click="hello.buttonClickHandler(message)"/>
<s:Label id="message" x="60" y="53" width="70" height="20"/>

こちらからダウンロード
http://away3d.com/download/

デモはこちらから
http://away.kiev.ua/away3d/techdemos/engine/



ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
最新CM
最新TB
ブログ内検索
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   プログラムメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]