忍者ブログ
Flex,Java,Html など、調べた事のメモ帳です。 間違ってたらゴメンなさい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

z-indexプロパティは、位置指定されている要素の重なり順序を指定する際に使用します。通常、HTMLのソースコードでは、後の方に記述した要素の方がより手前に表示されます。z-indexプロパティを指定した要素は、数字が小さいほど奥へ、大きいほど手前に表示されます。これをスタックレベル(stack level)と言います。

divなどのブロックレベル要素でボックスを入れ子にした際に、positionプロパティで static以外の値が指定されている場合、それぞれの要素はレイヤー状(アニメのセル画のような状態)に重なっているため、親要素の幅や高さに関係なく好きな所に配置出来ます。背景色や、背景画像を指定している場合に、思わぬ所で要素が隠れてしまったり、見た目に不都合が生じる場合もあります。z-indexプロパティは、それを回避するためのものです。

z-indexに与えられる値

z-index: auto;
親要素と同じ階層になります。これが初期値です。
z-index: 数値で指定する;
重なりの順序を整数で指定します。0を基準として値が大きいものほど上になります。マイナス値の指定も可能です。

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
最新CM
最新TB
ブログ内検索
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   プログラムメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]