忍者ブログ
Flex,Java,Html など、調べた事のメモ帳です。 間違ってたらゴメンなさい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

EC-CUBEの2系では、デザインテンプレートの変更が容易に行えるようになっています。そのため、デフォルトテンプレートのパッケージをダウンロードして独自カスタマイズし、再びアップロードする方も多いかと思います。

その際、デザインテンプレートが変更になるとブロックのレイアウト情報は一度削除され、テンプレートパッケージフォルダ内にある「_packagesフォルダ」→「sqlフォルダ」→ 「update_block.sql」が実行されます。この「update_bloc.sql」がデフォルトのレイアウト内容となっているため、テンプレートを変更するたびに、ブロックのレイアウトが元にもどってしまうのです。

ということは、このSQLファイルを調整すれば、テンプレート毎に合わせた自由なブロックレイアウトが可能になります。つまり、update_block.sqlに 「INSERT INTO dtb_blockposition …」とたくさん並んでいるかと思いますが、そのvalues以降をそれぞれ調整するわけです。


コミュニティスレッドと同じ例になりますが、update_block.sqlの中の1行をあげますと、

INSERT INTO dtb_blocposition (page_id,target_id,bloc_id,bloc_row,filename)values(1,5,1,0,'category');


valuesに「(1,5,1,0,'category')」とありますが、これはその前にある「(page_id,target_id,bloc_id,bloc_row,filename)」と関連があって、それぞれ「page_id→1」、「target_id→5」、「block_id→1」、「bloc_row→0」、「filename→category」という感じになっています。これはデータベーステーブルである「dtb_blockposition」のカラム(フィールド)とその挿入データという関係になってます。


では、それぞれのカラムにどういった値がはいれば、どういう意味になるかということを簡単に説明します。

  • page_id ・・・ 1はトップ、2は一覧、3は詳細・・・
  • target_id ・・・ 1は左カラム、2は中央上部カラム、3は右カラム、4は中央下部カラム、5は未使用ブロック
  • block_id ・・・ ブロックの番号。1がカテゴリブロック、2がガイドブロック・・・
  • bloc_row ・・・ 同じtarget_idのブロックがあった場合の並び順。小さい順にならびます(1から順に)。ちなみに、target_idが5(未使用ブロック)のときは全部0でもOKみたいです。
  • filename ・・・ ブロックテンプレート名です。tplが省略されているのだと思います。



この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
最新CM
最新TB
ブログ内検索
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   プログラムメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]