忍者ブログ
Flex,Java,Html など、調べた事のメモ帳です。 間違ってたらゴメンなさい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Servlet による WEB アプリケーションでは画面遷移の方法に redirect(リダイレクト) と forward(フォワード) があります。それぞれの動作の違いとメリット、デメリットについてまとめておきます。

  redirect forward
ソース response.sendRedirect("[ページ2]"); request.getRequestDispatcher("[ページ2]")
.forward(request, response);
処理の流れ
クライアント [ページ1] を要求
     ↓
サーバ  [ページ2] に redirect 命令を返却
     ↓
クライアント [ページ2] を要求
     ↓
サーバ  [ページ2] を返却
クライアント [ページ1] を要求
     ↓
サーバ  [ページ2] を返却
パフォーマンス 悪い (リクエストを 2 回送信する必要がある) 良い (通常通り 1 回のリクエストで良い)
リクエスト情報 引き継がない (全く別の 2 つのリクエストの為) 引き継ぐ (同一の 1 つのリクエストの為)
転送可能範囲 外部サーバも OK 同一サーバ内のみ

同一サーバー内の処理には出来るだけ forward を使用する事。 別サーバーに転送したい時だけ redirect を使用するように心がける

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
最新CM
最新TB
ブログ内検索
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   プログラムメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]