忍者ブログ
Flex,Java,Html など、調べた事のメモ帳です。 間違ってたらゴメンなさい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

JavaScriptには、実行するたびにランダムな数値を得るrandomメソッドが用意されています。これを使うと、指定範囲の中でランダムな数値を得ることができます。
ランダムに何かを選択するとか、おみくじを作るとか、何かの当選番号を決定するとか、いろいろ活用できそうです。

randomメソッドは、ただそれだけを実行すると、0以上1未満の小数を返します。これを使って、「ランダムな整数」を得るには以下のように記述します。

var randnum = Math.floor( Math.random() * 100 );

上記のJavaScriptを実行すると、変数randnumに「0~99」の範囲の整数がランダムに格納されます。

  • Math.random()で0~1未満の乱数を得る
  • 「* 100」で、欲しい値の最大値(より1つ上の数)をかける
  • Math.floor(...)で、小数点以下を切り捨てる

上記のJavaScriptでは、randomメソッドで得られた値に100をかけているため、0以上100未満の値が得られます。
このかける値を50にすれば、0以上50未満の整数が得られます。

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
人気ブログランキング
ブログランキング ブログランキング
最新CM
最新TB
ブログ内検索
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   プログラムメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]